甲西教室について|湖西市の塾 予習学習で学校の授業も安心!

スクール・ワンの個別指導って、なに?

?

◎生徒のソーシャルスタイル(行動特性分析)を考えて、指導に当たる。
例えば、無口でおとなしい中学男子、几帳面、優柔不断等の特性を持っていることが分かった場合、こちらが指導するうえで注意することは「カリキュラムをきっちり立て計画通りに授業を進める」「必ず書いて説明する」「ゆっくり話す」等。

人にはそれぞれ生まれ持った行動特性が存在します。それを理解し生徒ごとの伸びやすい指導方法で、生徒に合わせて対応します。それが個別指導の真髄でしょう。

ソーシャルスタイルと対処法

◎学習塾では生徒が信頼できる、憧れる、好きになれる講師が担当しないと結果は出ません。
塾というのは「ベテランの厳しい先生がいい!」と思われがちですが、必ずしもそうではありません。
「この先生に褒められたい、高得点のテストを見せたい」、との(深層心理で)想いから自宅や学校で自然と勉強に向かわせる講師との信頼関係が理想です。 「その説明、分からない!」と言える関係も重要です。
年齢も近く話しやすい大学生講師などの方が目標点数を取らせることが多いのです。

学習塾のイメージから思い描く講師像と、結果を出せる講師像には、明らかに違いがあるような気がします。
もちろんベテラン講師との相性がよく信頼関係を築く生徒もいます。
どちらにしても、信頼関係を築くことがテストで点数を高めることと密接に関係し、非常に重要なことなのです。

◎予習指導で学校の授業を理解しやすくする。
個別指導=復習指導のイメージがありませんか?
実際、過去には復習で分からないところを教えていました。
それでは、大きな弊害があることが判明してきたのです。

学習塾での復讐は質問しやすく分かりやすいので学校の授業は聞かず、学習塾で理解しようとし始めるのです。
そうなると定期テストで結果は出ません。
現在は、中学校の進捗を正確に把握して、カリキュラムに生かしています。
不思議なもので塾での予習により、学校の授業が理解できるようになると塾での講義にも自然と身が入るようになるのです。
それだけで、状況はよい方向に変わってきます。

さらにテスト直前に余裕ができて、塾ではじっくり過去問題に取り組むことができます。
ただし、夏や冬の講習は復習で基礎力を高め、新学期の定期テストに備えることが多いです。

◎模擬試験より定期テストを優先します。
特に中学生は、定期テストに全力で取り組みます。
高校受験の合否で、調査書(学校の成績)が占める割合が、30%~50%と開示されています。
定期テストは、高校受験の一部!だと言い切れるのです。
そのため学習塾でそんな大切なときに模擬試験なんかやっている場合じゃないんです。
ただし、3年になってからは受験本番を想定して模擬試験を受けまくっていただきますが、当学習塾では1~2年は学校の定期テストに注力します。
模擬試験というのは、大人数で受けないと意味が無く、その内容は学校でまだ習っていない単元が多く存在します。
つまり、多数の中学から集まる集合塾用に作成されているのです。
受験してもらうからには結果を出さなければならない。
ということで、その模試に合わせた集合塾と同じカリキュラムをで進めると、定期テストで点数が取れなくなります。

それもこなせられたらいいでしょうが、当学習塾は定期テストにこだわり、生徒の通う中学校の進路に沿って指導し、テスト範囲を囲い込むように対策授業を組んで調査書で結果が出るように指導します。
そうできるのも個別指導だからです。
ただし、「膳所高校」は調査書を重視されないので、そこを志望される場合は、模擬試験重視の学習塾へ行かれることをお勧めします。

◎大学受験、特に私立の立命館大学、中堅私立大学受験で負ける気がしません。
勝てる理由は、想像でしかないのですが、大学受験で個別指導塾を利用している生徒が、まだまだ少ないからではと考えています。

ある統計では、高校3年生で学習塾に通っている人は4人に1人くらいとか。
さらに個別指導の多くは高3生お断りで、わが甲西教室のように大学受験に力を入れている学習塾は少数派です。
それを考えると、受験生の中で個別指導塾を利用している生徒は10%以下とごく少数なのかもしれません。
簡単に合格!といっても努力は必要です。
ライバルの学習パターンを研究し勝てるようカリキュラムに工夫を施します。
学習塾に通っていない生徒、集団授業や映像授業のみで受験に挑む生徒、それぞれに弱みがあります。
具体的には、最も伸びるべき受験本番1ヶ月前の学習方法で差をつけます。
その時、学校では指導することがほとんど無くなり、自宅で志望大学の対策をせっせとやる時期なのです。
当学習塾はそこで10年分の過去問題を中心に徹底的に指導します。
最終的に過去の志望大学の合格最低得点率を上回ることができれば、だいたい合格します。
反対に一度も最低得点率に達しなければほぼ不合格です。
それでほぼ合否が判明するので、模試結果なんてどうでもいいですし、見る必要もありません(難関大は例外)。

少数と書きましたが、わが甲西教室では毎年30~40名大学へ送り込んでいます。
講師も大学受験に備えた陣容で、ノウハウを蓄え準備しています。

中学生は無料映像授業で理科・社会を学べる。

「理科・社会まで受講するには費用的にも時間的にも難しい」、「暗記科目はやればイイことは分かっているけど、なかなかやれない」という生徒さんのために、当学習塾では無料映像授業による学習で成績アップを実現しています。

◎「無料!理科・社会映像授業」といっても講師が一名常駐します。
中学校の進捗やテスト範囲に合わせて、お笑い芸人のロザン等が出演して楽しい映像を見ながら自分で学習していきます。分からない所は繰り返し視聴できる上、塾には担当講師がおりますので質問することもでき、定期テストに備えて学習していけます。

◎中学生が映像を飽きずに見るか、点数が取れるのか心配でした。
一つの単元がそれぞれ理科15分、社会20分と短いのです。
見終わると映像に連動した教材である「フォレスタ」の問題を解く時間が十分残るのです。テンポの良い映像が暖機運転的な役割になり、自然と学習意欲がわくようです。映像授業を見て理解するだけでは点数に結びつきませんので、時間的にもちょうどいい映像授業です。

◎週に3回実施の授業から選択いただきます。
1.火曜日/20:00、2.水曜日/20:00、3.木曜日/20:00の、それぞれ80分授業を実施しています。
その中から、通える授業を選択いただければ結構です。
学年等は問いませんから、通いやすい日時を選択下さい。ただし、教材は別途必要となりますので、ご購入(甲西教室で)をお願いいたします。

学習風景

ビル
JR甲西駅駅前のこのビルの1と2階です。
入り口
ビル中央のこの入り口から入って2階へ上がってください。
ドア
教室長もいつもいますので、飛び込み見学も大歓迎いたします。
子
教材がぎっしり!生徒に合った教材を選ぶことも重要なことです。
真ん中が講師で両端が生徒、講師1:生徒2。
2階 中学生が学習中。講師が進捗確認し、分からないところを解説。
中学の授業進度に合わせて学習するので、テスト対策も問題なし!

1階は最強の自習室。
予約なしで、13:30~21:20の間、自由に利用できます。
隣が全く見えないこと、そして机幅は1mと広く、圧迫感もなし。

tel 0748-71-4711 授業時間 13:30~21:20  土・日・祝 定休

学習塾案内

学習塾名 京進スクール・ワン 甲西教室
教室長 土田 浩司
所在地 〒520-3235 滋賀県湖南市平松北1丁目45番地 エクセル甲西2F
電話番号 0748-71-4711
fax 0748-71-4712
授業時間 13:30~21:20
休校日 土・日・祝
事業案内 学習塾
アクセスマップ
アクセスマップ

お問い合わせ tel 0748-71-4711 授業時間13:30~21:20 土日祝休校日

お問い合わせ・ご相談はこちらから

Information

京進スクール・ワン 甲西教室
〒520-3235
滋賀県湖南市平松北1丁目45番地
エクセル甲西2F
Access Map >>
湖南市の【京進スクール・ワン 甲西教室】は、個別指導の学習塾です。
自分だけのテスト対策カリキュラムで成績アップを図ります。
  • tel 0748-71-4711
  • Mail Form

■授業時間 / 13:30~21:20
■休校日 / 土・日・祝 定休

  • 講師募集
  • 教室長のブログ
  • 京進
  • 個別指導 京進スクール・ワン

ページの先頭へ