UNIVERSITY

塾選びガイド 大学受験編


1

志望大学別に勉強法を選ぶ


塾を選ぶ際は、まず、自分の志望大学と塾が推奨している授業方法が一致しているかどうかを確認しましょう。
私大入試であれば、個別授業。国公立なら、映像授業が基本です。特に映像授業の場合は、ほぼ国公立向けにつくられていると考えた方がいいでしょう。実際に、私立と国公立では出題される範囲が全く異なります。
右記の図は、出題範囲のイメージです。


映像はインプット主体の勉強であり、幅広い範囲全てを勉強させられます。効率の面から言えば、無駄な学習となることも少なくありません。また、私立・国公立共に過去問が大事であることに変わりはありませんが、国公立の場合は、毎年数割の問題が変わると考えたほうが良いため、最終的には基礎力がものをいいます。つまり、幅広い範囲の知識を蓄えた人が、受験に勝つというわけです。
一方、私立志望であれば、志望大学の過去の入試問題に特化して研究すべきです。ここで国公立志望のクラスメイトに感化され、映像授業に向かっても、結果を出すことは厳しいでしょう。

2

受験生の生徒数で選ぶ


高校3年生、受験生が大勢通っている塾は、結果を出している証拠です。特に地方では、良い塾には「先輩が行っているから」「口コミでいいと言われていたから」など、自然な流れで生徒数が増えているケースが多いです。
また、大学入試に真剣に向き合い、必死に取り組んでいる塾でなければ、生徒数は確保できません。生徒数から、塾の評判だけでなく、教育に対する姿勢も読み取ることができます。
合格者数よりも、実際の生徒数を調べてみましょう。


3

実際に教室長に会って選ぶ

勉強方法や現在通っている生徒数は塾を選ぶ際の基本となることは、間違いありません。しかし、それらを全て鵜呑みにして決めるのではなく、実際に入塾する前に、必ず教室長に会って、話すことが大切です。
これは塾の名前や教育システム、合格実績よりも大事なことです。
まずは、話をしましょう。電話予約の上、ぜひ自分の目で「教室長はどんな人物なのか」「どういった環境で勉強することになるのか」を確認してください。
高校生1人でも、保護者の方と一緒でも、構いません。勉強に関して不安に感じていることの相談から、本当に個別授業で志望校に合格できるの?といった疑問まで、思っていること、悩んでいることを話してください。まずは、そこからです。本気で合格したいなら、まずは一歩を踏み出しましょう。